フェリ−について-9

クイ−ンコラル(初代)
鹿児島〜奄美〜徳之島〜沖永良部〜
与論〜沖縄航路 
照国郵船(現マリックスライン)
鹿児島新港入港時

非常に見えずらいでしょうが甲板の柵に
「さよならクイ−ンコ−ラル」の旗があるように
ラスト航海を終えて最後の鹿児島新港入港時の
ショットです。
鹿児島新港の防波堤の上で撮影したのですが
ほかにも撮影に来ている方が結構いました。
このような名船はそうそうあらわれないものですね。
クイ−ンコ−ラル(初代)
ニュ−クイ−ンコ−ラル
鹿児島〜奄美〜徳の島〜沖永良部〜
与論〜沖縄航路
照国郵船 (現マリックスライン)
鹿児島新港にて沖縄・奄美より到着時

ハンデイタイプの船型になったがクイーンコーラル
最大の特徴である船首形状は守られている。
しかしその形状も本船まででクーンコーラル7には
引き継がれなかった。
フェリ−くろしお
大阪〜神戸〜奄美〜沖縄航路 
関西汽船所属
沖縄那覇新港入港時

元フジフェリーの「しま丸」である。
フジフェリー解散と同時に関西汽船に移籍。
同航路のフェリー化第1船となった。
フジフェリー時代との相違は船首左舷の
ランプウエイの追加取り付けと乗客用タラップの
取り付けです。
ご−るでんおきなわ
ご−るでんおきなわ
大阪〜沖縄・那覇〜鹿児島航路 琉球海運
沖縄那覇新港にて

新塗装の写真です。このタイプの旅客フェリーだと
このカラーリングもなかなかなのですが、今の、
RORO船や車両運搬船みたいな舷側が高い
船になるとおもおもしくなるので現在のカラーリング
になったのでしょうか。
飛龍2
大阪〜沖縄(宮古・石垣)〜台湾航路 
有村産業所属
沖縄那覇新港にて

先代の「飛龍」に比べると貨物におもむきを変えた
フェリーになった。
しかしスキューバーダイビングの資格の取れるプール
の設置は好評で次世代の「クルーズフェリー飛龍」
にもいかされてつづいている。
わかなつおきなわ
博多〜沖縄〜宮古〜石垣〜沖縄〜鹿児島航路
琉球海運 博多港中央埠頭にて出港中

当初は、大阪〜沖縄〜鹿児島航路用に建造された
もので大阪航路の旅客取り扱い業務廃止に基づく
転配できた。
琉球海運、現フリート中最大の貨客フェリーで
かりゆしおきなわの拡大改良型である。