フェリ−について-10

ニュ−クイ−ンコ−ラル
鹿児島〜奄美〜徳の島〜沖永良部〜
与論〜沖縄航路
照国郵船 (現マリックスライン)
パンフより

ハンデイタイプの船型になったがクイーンコーラル最大の
特徴である船首形状は守られている。
しかしその形状も本船まででクーンコーラル7には
引き継がれなかった。
クイ−ンコ−ラル7
鹿児島〜奄美〜徳の島〜沖永良部〜
与論〜沖縄航路
照国郵船 (現マリックスライン)
パンフより

ハンデイタイプの船型になったがクイーンコーラル最大の
特徴である船首形状はニューまで守られている。
しかしその形状も本船クーンコーラル7には
引き継がれなかった。
クイ−ンコ−ラル2
鹿児島〜奄美〜徳之島〜沖永良部〜
与論〜沖縄航路 
照国郵船所属(現マリックスライン)
時刻表より

この船首というかへさきというかフェリーでここまで
スタイル良く形成された形は現在のフェリーでも
ないのではないでしょうか。
このへさきの建造だけでも相当コストがかかった
はずと思います。
この形状のコンセプトが「さんふらわあ11」に
でたトータルバランスの良さの原型のフェリーでは
ないでしょうか。
えびの
神戸〜日向航路 マリンエキスプレス所属

元の太平洋沿海フェリーの「あるなする」です。
大分〜南紀勝浦〜名古屋航路だった。
同航路の減便に伴い当時の日本カーフェリーに売却
されシーコムフェリーを経過してマリンエキスプレスへ。
同型船「あるごう」〜関西汽船「フェリーこがね丸」〜
名門大洋フェリー「ぺがさす」となり引退。
美々津丸
川崎〜日向航路 日本カーフェリー所属

就航当時、日本最速のフェリーでした。僚船の高千穂丸
と韋駄天ぶりを発揮し従来4隻で毎日1便だったのを
2隻で毎日1便を可能にした。
晩年は、大阪〜宮崎航路に転配。高千穂丸も同様。
のちに高千穂丸のみ神戸〜日向航路に転配。
クイ−ンコ−ラル(初代)
鹿児島〜奄美〜徳之島〜沖永良部〜
与論〜沖縄航路 照国郵船所属
(現マリックスライン)
パンフより

この船首というかへさきというかフェリーでここまで
スタイル良く形成された形は現在のフェリーでも
ないのではないでしょうか。
このへさきの建造だけでも相当コストがかかった
はずと思います。
この形状のコンセプトが「さんふらわあ11」に
でたトータルバランスの良さの原型のフェリーでは
ないでしょうか。