フェリ−について-17

ニュ−ながと
2001年4月22日撮影
新門司港泊まりバースにて

泉大津行きの便で新門司バースが2隻分しかないので、
対岸のバースにて停泊。
ニュ−はりま
2001年4月22日撮影
新門司港にて

小倉・日明港経験船も、このふねと「ニューせと」だけに
なりました。
現在は、泉大津便の第1便として就航中。
ニュ−ながと
2001年4月22日撮影
新門司港泊まりバースにて

泉大津行きの便で新門司バースが2隻分しかないので、
対岸のバースにて停泊。
ニュ−ながと
2001年4月22日撮影
新門司港泊まりバースにて

泉大津行きの便で新門司バースが2隻分しかないので、
対岸のバースにて停泊。
フェリーきょうと
2001年4月22日撮影
新門司港にて

荷役作業を終えてしばしの休憩中。
もうすぐすると後方に停泊中の「フェリーおおさか」のバ−スに
移動します。第1便が「フェリーきょうと」の為12:00前後
後部のドアが左右に折り畳み式に畳んであります。
フェリーすおう
2001年4月22日撮影
新門司港にて

瀬戸内海最大のフェリーです。
僚船の「フェリーせっつ」と、ともに新門司〜神戸(六甲)間を
結んでいる。この2船を大きさで抜く瀬戸内フェリーは
登場するのでしょうか?
かめりあ
2001年4月30日撮影
博多港にて

船体は日本郵船系の会社なのでにふるい割には手入れが
行き届いています。3月にドックだったのでまだまだ
きれいですね。
かめりあ
2001年4月30日撮影
博多港にて

船体は日本郵船系の会社なのでにふるい割には手入れが
行き届いています。3月にドックだったのでまだまだ
きれいですね。
かめりあ
2001年4月30日撮影
博多港にて

船体は日本郵船系の会社なのでにふるい割には手入れが
行き届いています。3月にドックだったのでまだまだ
きれいですね。