乗船記・ニューれいんぼうらぶ




出港前の、デッキです。
直江津の港は、水銀灯が多く明るいので
船体を明るく照らし出して撮影する側にとっては
非常にうれしいですね。


室蘭に向け荷役作業中の「れいんぼうらぶ」です。
博多に戻ってくるのは九月にならないと
帰ってきませんがですが、今は、れいんぼうべると
残り少ない対航を東北沖で行っているんですよね。
らぶも約三ヶ月頑張れ!

さあ、最後のトラック車両の乗り込みが始まりました。
このトラックやシャーシ達がたくさん乗り込んで
くれるように願います。この物流関係車両が
フェリー業界の命であり繁忙期しか利用出来ない
一般旅客の足確保の手段なんです。


まだ、ドライバーの宴会は始まっていません。
その前に一枚。

早朝のレインボーホールです。
前夜の宴会?も終わり清掃を当番のスタッフの方が
かたづけて朝食の準備がはじまります。


Rainbow hollの文字があります。

レインボーホールの入り口です。
メニューの写真が貼ってあります。
営業時間も右上に張ってあります。


展望風呂の脱衣所です。
まだ誰もいないうちに撮影しないと。
ここはらぶ・べるに比べると極端に狭く感じます。
前船は休憩室も併設されていましたからね。

展望風呂です。
この中の広さはらぶ・べるとあまり変わらないですね。
ただし窓が半分スリガラスになっています。
前船は窓が船舷にあったから外からは
見えなかったのですが
今回は遊歩甲板より見えるので。


サウナもしっかりありました。
シャワー洗面設備もあり。
シャンプーとリンスもありますよ。