乗船記・ジェビ

今回の乗船記は、決算期の前にどうしても船に
乗らないと禁断症状が出るということで
急遽、前回出張でいって特に気に入った港町釜山
に行く事になりました。
そしてその手段は・・・初代「ビートル」である
「ジェビ」に乗船出来ました。
2階23A(左舷窓側)の席です。

あいにくの天気で湾内を航行中です。
波高は、1.5メートル以下でまずまずの
海上状況でした。
乗客数は、ほぼ満席に近いようです。
週末便は、さすがに混んでいるなあーと
思いました。
今日はこの便を、含めJR九州のみで
3便釜山行きがあります。
ちなみに、乗船したのは10:15発、103便です。

ハイテク高速船の、代表とも言われる
ジェットフォイルですが、
ブリッジ内には、安全航海を祈る神棚が
ちゃんとあります。
小さいながらも「ジェビ」の安全航海を陰ながら
見守っているようです。
(フラッシュを焚いてごめんなさいm( __ __ )m)

レーダーです。
上の方のライン(右にカーブしている)が、
釜山を出航して博多に向かって来ている
「ビートル2世」です。

だんだん時化模様になってきました。
ここらで波高は、1.5から2.5メートル
前後になってきたようです。

急激に天候が悪くなり波高が、2.5メートル
以上に高くなってきたようです。
左手で操作しているのが船の海面からの高さを
手動で調整するレバーです。
実際これを操作すると若干船が縦に揺れる
そうですが、波高が高いときは調整を手動で行い
多少の縦揺れをしてでも、波を船底に受ける
衝撃を和らげる方が乗り心地が良いので自動では
なく手動に切り替えるそうです。
(真剣な操船状況が、お分かりになると思います)

釜山発朝1便の、「ビートル2世」です。
今回は下り便の方が向かい風なので
多少はこちらより揺れているかも
しれないとの事です。

緊張感が、漂ってきましたのでブリッジを
後にして一階のラウンジ左舷側に来ました。
1回だけ「ゴーン!」と船底を叩く波が来ました。
すかさずマリンスチュワーデスさんが船内放送で、
「ただいまの衝撃は、波が船底に当たった
衝撃ですので航行には支障ありません。」
とアナウンス・・・お客さんも安心しているようで
一瞬「おおー!」のあとは何事も無かったように
静かでした。

博多発第1便で、釜山に行き折り返しで
博多に向かう「ビートル3世」です。
天候が悪く、写りが悪くてすいません。

非常に視界が悪いのですが、いきなり大型の
船がたくさん見え出したら釜山港は、
もうすぐです。