乗船記・クイーンコーラル8

今回の乗船記は、またまた航海を
しているところではなくて停泊中のところへ
お邪魔して船内を見学させて頂きました。
(早期に本当に乗船をしたいです。)
マリックスラインさん、ありがとうございました。
今回は、乗船乗り込みのような紹介で行きましょう
まずは、鹿児島新港第二ターミナルに・・・

本日の出航船は・・・
「クイーンコーラル8」です。
マリックスラインの末っ子ですが
一番の俊足なフェリーです。

車両などは船尾側面部の
折畳式ランプウエイよりの乗船になります。

行き先表示です。
鹿児島ー奄美諸島ー沖縄です。
正確に言うと鹿児島ー奄美大島(名瀬)−
徳之島(亀徳)ー沖永良部(和泊)ー与論経由
沖縄(本部)−沖縄(那覇)になります。

離島の乗降設備の、整備が難しいので
この航路船は、全て船側に、特大の乗降用
タラップが設置されています。

昔はワイヤーで降ろして接地直前で、
人やリフトに紐を引っ掛けて手前に
引き出していたのですが、最近は上部
デッキ面にシリンダーをつけて突き出せるように
改良されていますね。

船倉の車両甲板の高さが高くなっているので
昔のタイプよりタラップの乗り込みが
高くなっていますね。

タラップは中間ぐらいの回転部分で
わずかですが平面状になります。
重い荷物を持って乗船される方はここで
持ち直しするといいかもしれません。

タラップを、昇りきりました。

タラップを昇りきると、エントランスの
入り口になります。