貨物船・RORO船について−2

飛龍.11

博多港中央埠頭にお披露目の着岸中

今では、どこかに売却されたらしいが晩年は
かめりあのドッグ代船等に利用されていた様子。
しゅれい

博多港中央埠頭にて

初就航時の写真
ご覧のように満船旗をほどこしている。
琉球海運のRORO船は「みやらび」「にらいかない」
ともスタイルはフェリ−の船形でハウスのみを
省いたようになっているのでスマ−トに見え
貨物船というには勿体ないスタイルと思いません?
流線型でかっこいい。


大阪南港入港中

こちらも「フェリ−おおさか」で入港中先方を走っていたコンテナ船が航路を開けてくれた。
フェリ−通過後真後ろにつけて南港口まで一緒に
行き途中でコンテナ埠頭へ進路を変えていった。
しゅれい

博多港中央埠頭にて。
今は、香椎パ−クポ−トでの発着に変更。
身近に岸壁に見に行けなくなった。残念
みやらび

丁度阪神大震災の時に大阪〜沖縄航路に就航。
大阪南港入港中の「フェリ−おおさか」より。
フェリ−たかちほ

博多港香椎パ−クポ−トにて。
晴海汽船の時のモスグリ−ンの色分けを
大島運輸のブル−に塗り替えALINEの赤文字を
追加しての運航。