長距離フェリ−の歴史-1980〜1981



ここでは日本の長距離フェリ−についての歴史・年表を掲載します。6 総トン数
全長
1980年
(昭和55年)
2月 新日本海フェリ− 「フェリ−しらゆり」新潟〜小樽航路に転配

3月 日本カ−フェリ− 大阪〜志布志航路開設
「おおすみ」就航。

9237トン
159.6メ−トル
4月 太平洋沿海フェリ− 名古屋〜勝浦〜大分航路を休止
「あるごう」係船

5月 大島運輸 東京〜奄美〜沖縄航路フェリ−タイプ船就航
「波之丸」就航。

4886トン
14.5メ−トル
11月 太平洋沿海フェリ− 係船中の「あるごう」を関西汽船に売却
「フェリ−こがね丸」に改名

11月 関西汽船 阪神〜別府航路に大型フェリ−就航
「フェリ−こがね丸」就航。

4932トン
130.3メ−トル
12月 大洋フェリ− 係船中の「おりおん」を関西汽船に売却
「フェリ−にしき丸」に改名

関西汽船 阪神〜別府航路に大型フェリ−就航2隻目
「フェリ−にしき丸」就航。大型タイプ毎日1便体制確立

1981年
(昭和56年)
3月 九州急行フェリ− 東京〜松坂〜苅田航路の松坂寄港を中止
フジフェリ−より譲渡の東京〜松坂航路事実上の廃止

4月 太平洋沿海フェリ− 名古屋〜勝浦〜大分航路廃止

琉球海運 鹿児島〜沖縄〜宮古〜石垣航路に2隻目フェリ−タイプ船就航
「さんしゃいんおきなわ」就航。

4564トン
130.3メ−トル
有村産業 大阪〜沖縄の「飛龍」の代替船就航。
「飛龍2」就航。
「飛龍」は日中国際フェリ−に売却「鑑真」と改名大阪〜上海航路に就航

5810トン
146.0メ−トル
7月 大島運輸 神戸〜奄美〜徳之島〜沖永良部〜与論〜沖縄航路フェリ−タイプ船就航。
「あかつき」就航。

4997トン
140.5メ−トル