長距離フェリ−の歴史-1994〜1995



ここでは日本の長距離フェリ−についての歴史・年表を掲載します。13 総トン数
全長
1994年
(平成6年)
4月 新日本海フェリ− 新潟〜小樽航路
「フェリ−あざれあ」就航。
1日2便体制

20550トン
195.4メ−トル
5月 ブルーハイウエイ
ライン
「さんふらわあとさ」で東京発着1泊2日のジャズボート開始

6月 大島運輸 鹿児島〜奄美〜徳之島〜沖永良部〜与論〜沖縄航路
「フェリーなみのうえ」就航。
「波之上丸」引退・海外売却

6586トン
145.6メートル
7月 新日本海フェリ− 新潟〜小樽航路
「フェリ−しらかば」就航。
「ニューはまなす」舞鶴航路に転配

20550トン
195.4メ−トル
11月 阪九フェリ− 「ニューながと」来島海峡でコンテナ船と衝突・座礁

1995年
(平成7年)
1月 阪神大震災 各種フェリー客船等が臨時宿泊設備や避難所として活躍

阪九フェリ− フェリー埠頭壊滅に従い泉大津にシフト

ダイヤモンドフェリー 大阪南港にシフト

室戸汽船 大阪南港にシフト

2月 関西汽船 大阪〜神戸〜松山〜別府航路
毎日3便より2便に減便。
「くいーんふらわあ2」「くるしま7」引退海外売却。
高松〜九州間のフェリー航路廃止

オーシャン東九
フェリー
九州側ターミナルを小倉より新門司に変更

7月 有村産業 名古屋〜大阪〜沖縄〜台湾航路
「クルーズフェリー飛龍」就航。

10200トン
167.0メートル
9月 大島運輸 東京〜志布志〜奄美〜与論〜沖縄航路
「ありあけ」就航

7910トン
167.5メートル
11月 奄美海運 鹿児島〜喜界〜奄美〜古仁屋〜平土野〜知名航路
「フェリーきかい」2代目就航

2900トン
112.5メートル
12月 阪九フェリー 神戸〜新門司航路
「フェリーせっつ」就航
「第二十四阪九」引退海外売却

15188トン
189.0メートル