長距離フェリ−の歴史-2000〜2001



ここでは日本の長距離フェリ−についての歴史・年表を掲載します。16 総トン数
全長
2000年
(平成12年)
製作中です。2003/1/14
6月 九越フェリー れいんぼうべる・れいんぼうらぶの代替船建造を発表
船型は現行と異なり旅客定員150名のカジュアルフェリー
2001年
(平成13年)
2月 ブルーハイウエイ
ライン
会社を4月解散を発表大洗航路は新会社商船三井フェリーへ
高知航路は6月で廃止(のちに延長されて9月まで運行)
大阪航路はダイヤモンドフェリーに譲渡し宮崎経由に
航路変更の発表(2002年5月現在変更なし)
7月 九越フェリー
「ニューれいんぼうらぶ」就航
「れいんぼうべる」引退予定だったが夏期多客時になるため
直江津〜室蘭間に臨時便として就航9月一杯まで
その後係船
9700トン
160メートル
9月 ブルーハイウエイ
ライン
東京〜那智勝浦〜高知航路廃止
「さんふらわあくろしお」係船
10月 九越フェリー 「ニューれいんぼうべる」就航
「れいんぼうらぶ」引退、係船

11月 ダイヤモンドフェリー 「スターダイヤモンド」機関故障発生長期期間運休のため
係船中の「さんふらわあくろしお」を別府〜神戸直行便としてチャーター

琉球海運 「かりゆしおきなわ」係船売却
琉球海運の旅客サービスは、「わかなつおきなわ」のみに

12月 高知シーライン 大阪南港〜甲浦〜足摺航路休止
「フェリーむろと」係船

9800トン
158メートル
大阪高知特急フェリー 大阪〜高知航路を足摺まで延長。
高知シーラインの休止の処置として