特集・マンスリー3「クイーンコーラル」達
2001年9月 第3回目

マリックスライン(旧照国郵船)株式会社所属  「クイーンコーラル」


最終航海で、鹿児島新港に入港してきたクイーンコーラル初代です。

  鹿児島新港〜奄美大島・名瀬〜徳之島・亀徳〜沖永良部・和泊)
〜与論〜沖縄・那覇埠頭航路(就航当時は与論まで)
1972年竣工1977年に改装して、大型車両用ランプウエイに変更
屋外プール廃止
1982年11月「ニュークイーンコーラル」就航に従い
引退しかし1983年7月「クイーンコーラル2」を売却に従い同航路にカムバック
1986年に「クイーンコーラル7」にバトンタッチして引退。海外売船される。

私の、長距離フェリーの初代船ルーツの偉大なフェリーさんです。
航路事情に合わなくて非常に苦戦したフェリーですが、旅客のサイドから言えば
このようなフェリーは、素晴らしいの一言でした。
今のフェリー業界ではまず難しいでしょが、客船タイプのフェリーという称号が
あてはまるフェリーと言うことは、間違いないでしょう。


下記写真の、右上の画像のみパンフ画像です。


鹿児島新港入港時のクイーンとパンフで航海中の迫力画像です。


早朝に名瀬入港時の、屋上デッキでファンネルを見ました。 沖永良部沖の航海中


就航記念のはがきです。   OTさん提供


クィ−ンコーラル就航記念絵葉書 ケースとステッカー


マリックスラインさんからの提供です。
初代クイーンコーラルのモデルシップ(現物約2M大?)写真みつけました。現物は当社にはなく、某所にあるらしいのですが未確認です。たぶん倉庫にでも眠ったままの状態と思われます




鹿児島新港で停泊中のクイーンコーラル


移籍後の、クイーンコーラル2改め、くいーんふらわあ2です。
神戸停泊中の姿です
当初、左舷後部にあったランプゲートが右に移動してなおかつ、後部にもランプドアを
追加して球形船尾の姿は無くなっていました。



とりあえず1/26はここまで。


                   次のページ