特集・7「さんふらわあ・11」

2002年1月
・1ページ目

2002年12月よりさんふらわあ5姉妹として追加開始



日本高速フェリー・ブルーハイウエイライン(旧日本沿海フェリー)株式会社所属


「さんふらわあ11」夜明けのプロムナードデッキ(A甲板)です。

  あいこばさんよりの、1枚の「さんふらわあ11」の写真から
潜在的にあった、日本が生んだスーパーフェリー「さんふらわあ」の最終船
「さんふらわあ11」
に、再びスポットが、あたることになりました。
まずは、最大の特徴である縦列ファンネルの姿を!

そして皆を、燃え上がらせた1枚の画像をどうぞ<(_ _)>


今回の特集についての案内

さんふらわあに 対する皆さんの思い入れが本当に伝わってくるフェリー「さんふらわあ11」
これだけ皆さんの 記憶に残るフェリーが他にあるのでしょうか? といわれるぐらい
このフェリーを知っている方は 思うのではないでしょうか?
知っている人・知らない人・乗船したことがある人に、思い出を振り返ってもらったり
今はない、偉大なフェリーを、これからのフェリーに興味を持って頂ける方にも知って頂きたいと思います。

「さんふらわあ11」は、この度日本に里帰りし、今回、私達を、再び夢の航海へ招待を してくれることでしょう。
しかし、今回の乗組員は私達です。そして乗船客も私達です。
今この、伝説のフェリー「さんふらわあ11」を航海させるのは、私達船好きの力が必要です。
ぞくぞくと、乗組員や乗船客が訪れています。(資料、画像、乗船記、何気ない思い出
建造時コンセプト・思い入れ、船体コンセプト)これらを満載して、
大海原の航海に、招待できるように頑張りたいですね。

今回「さんふらわあ11」を操船して下さっている方は、当HPに投稿して下さっている方々皆さんです。
操船、乗船客と、船好きにとってこの2つを体験できることは、嬉しい限りです。
お姉さん達を合わせて5姉妹も会わせて回帰してみましょう。


「さんふらわあ11」就航前の、パンフレットの表紙の写真です。
大阪版のパンフレットだそうです。
初めて見るアングルで、・・・素晴らしいですね。
とてもフェリーというより、スタイル重視の「客船」としても
十分だと思いませんか?



OTさんから、頂いた「さんふらわあ11」の船内配置図面です。
乗組員は、確認をお願いします。(^_^)
今回の乗船客は、満船かな?



「さんふらわあ11」就航前の、パンフレットの表紙の写真です。
鹿児島版のパンフレットだそうです。
大阪地区と鹿児島とバージョンを、分けて作っていたそうです。


乗船されたお客様は、各自お部屋をお探し下さい。
(^。^)

客室案内は、OTさんが担当でした(^。^)