船旅・あれこれ・乗船記・ワンポイント-1

********************************************************************************


1・船酔い防止方法
                         管理人「ふねきち」

この間の体験によると
寝不足の方は、船酔いしやすいみたいですね。
瀬戸内のような 凪の所はそうないようですが、外海を航行するフェリーや客船に乗船された方は
結構揺れを、体験できるはずですが。
今まで、どんなに揺れても船酔いをしたことのない私が、そんなにゆれない海上状況で、酔ったんですよ
「れいんぼうらぶ」で博多発直江津行きの乗船のとき。こんなに最新鋭で揺れも少ない状況で
ある意味ショックでした。体質が変わったのか?もう船に乗るたびに船酔いに悩むのか?と思い
その日は船の中で寝込みました。その時も、直江津折り返しで「れいんぼうべる」に乗船して
行きよりも帰りのほうが揺れたように思えたのですがちっとも酔わないです。昨日との違いはと考えると
1・船に慣れた。(久々に乗ったから)
2・寝不足が解消した。(ショックで寝込んだから)
の2点だけだんたんですよね。
その1年後、「スーパースタートーラス」に乗船の機会があって日本海であの全長(155メートル)
ピッチングがどうかな?と思い2〜3日前から睡眠をよくとって挑むと、これが全然酔わないです。
うれしかったなあ。さあこれで、怖いものなしで船に乗れると思って早1年経ってしまいました。
まあ娘の心臓手術もあったしこれからこれから!

管理人 ふねきち

2001/6/10掲載

********************************************************************************


2・ジャンボフェリーと台風の思い出              「ゆうさん」の投稿より

ジャンボフェリーでの思い出と言えば、夏の帰省の時に、台風が近づいて来たことがあったんです。
その時は、ダイヤモンドFの予約をしてたんですが、連絡を入れると、昼には欠航が決まった。!!
欠航になったんで、早々と実家を出発。瀬戸内と言うことで、まだ、大丈夫かな。?と思い、
オレンジF・バンパックFとTELしましたが、こちらも欠航。!!
ジャンボフェリーに連絡すると、「まだ、運行してますが、
いつ欠航になるか分かりません。!!」ってな事でした。高速を走ってると、
風雨がだんだん強くなって来てる感じで、ちょっと飛ばすと車が流される感じで、
瀬戸大橋で帰ろうか、それとも高松まで行こうか迷ったんですが、とりあえず、乗り場まで
行ってみようと!!乗り場に到着して数台の車があったんで、まだ、運行してる。
20:30の便には、あと40分ぐらいだったと思います。切符売り場で、乗船券は購入したものの、
「欠航になったら、乗船券返してください。!!」と一言・・・
車に戻ろうとして、傘を開いたら、風で傘のビニールが飛ばされた(笑)
20:30発の便は、19:50着の折り返し定刻になっても、フェリーは見えない。
出発時刻の20:30になっても船体は見えない。かなり遅れてるなあ〜〜っと、よく見ていると、
フェリーは近づいてるけど、着岸出来ない感じでした。何回かトライしてやっと着岸したようです。
車の積み込みが始まり、乗船したら、着岸はしてるけど、
かなりの揺れ。!!車両の積み込みも終わり、出航。!!覚悟はしてたけど、
これがまた、沖に出ると揺れがひどい。!!
客室から外を見てると、どうもいつものコースと違うところ
を航行してるみたいで、東神戸到着はもちろん大幅の遅れでした。
今から思うんですが、乗船したのは20:30の便じゃなくて、
前便の19:00発で、遅れてたんじゃないかと思います。
付け足し・・・
このフェリーに乗船して、がっくりしたこと・・・
2等大広間が、禁煙になったことです。

2001年6月10日 ゆうさん の投稿より抜粋

2001/6/10掲載

********************************************************************************


3・三宝海運
〜1
                             「ゆう」さんの投稿より
このフェリーを初めて見たのは中2か中3の時ですごいフェリーが登場したなあ〜〜と
思いましたよ。当時、四国へ行くフェリーは、大きくても7000トンまでで、はじめて
見たときには、「さんふわらあ」が今治へ行くようになったんやなあ〜〜と勘違いしました。

親には帰省の時に、今度はダイヤモンドじゃなくて、ほわいとさんぽう2に乗ってみよう。!!
って言った程です。で、親が「予約したぞ〜〜」初めて乗れるなあ〜〜と楽しみに乗り場に
行くと、「おくどうご3」でがっくりしたこともありました。

乗船して思ったこと・・・
2等が指定席になったのも、よかったんですが、乗客が多いときは別として、
客の少ないときには、指定席に間隔を置いて発券したり、2人以上で乗船したときは、
1人に2人分の発券をしてくれたりして、サービスは良かったですよ。

また、多客期には、到着順ではなくて、予約の時点で席を決めてくれて、
座敷のない時は「ロビー席・ラウンジ席になります。」と言ってくれて、
客が納得の上で乗船できたのも良かったです。

夏には、航海中に後部デッキで、船上ビアガーデンもあって、電子レンジで暖める
焼き鳥じゃなくて、焼きたてのやつが食べれたのもよかったなあ〜〜
良い船旅が満喫出来ましたよ。
移動する手段だけではなく、乗って楽しめたフェリーでした。

2001年6月13日 ゆうさん の投稿より抜粋

 
2001/6/15掲載

********************************************************************************


4・三宝海運
〜2
                         「ミヤマン」さんの投稿より

私もほわいとさんぽう2好きでした。初めて乗った小学校4年の時、
前が見えるラウンジ、エスカレーターに感動したものでした。それまで利用していた
ダイヤモンドにはこんな豪華さなかったなぁ。と子供心思ったものでした。 それと、以前の
投稿写真で、ダイヤモンドの古いフェリーがありましたが、懐かしいですねえ。
おくどうご、フェリールビーには帰省の際よく乗りましたよ。1等でも今の2等寝台並の
定員だったと記憶してます。松山から乗船すると家族ばらばらのベッドになったこともありました。

2001年6月13日 ミヤマンさん の投稿より抜粋

 2001/6/15掲載
********************************************************************************


5・三宝海運
〜3
                           「ゆう」さんの投稿より

ほわいとさんぽうは、いまでもさほど変わりありませんね。
相互乗り入れしたときに、設置した2階への入り口はなくなったようですが・・・

ミヤマンさん、はじめまして、こんばんは。!!前方のラウンジ良かったですよね。
前方の景色を見るのは最高でしたね。前に進んでるんだけど、デッキで見るのとは違って、
ゆっくり進んでる感覚でした。
1等ラウンジで寝たこともありますが(満席の時だけど・・・)エスカレーターもびっくりしたけど、
寿司屋さんがあったのもびっくりでしたね。案内所で愛媛新聞を無料で、くれたのを覚えてます。

前方の景色で思い出したけど、やっては行けないことを、一度だけやったことあります。
見つかってたら、怒られてたような出来事ですけどね。このお話、今度、載せましょうか。?

おくどうご6・8が運行したとき、フェリーゴールドとパールでは、同じ1等でも差がありましたね。
おくどうご6・8の1等は、4人部屋・6人部屋フェリーパール・ゴールドは、
2等寝台なみの8人部屋だったですからね。案内所で、ごねてる客をよく見ましたよ。

フェリールビーの絵はがき、先月、乗船したときに売ってたんで、今度、載せますね。

2001年6月14日 ゆうさんの投稿より抜粋

2001/6/15掲載

********************************************************************************


6・さんふらわあ から かもめ になりました。        
「ゆう」さんの投稿より

16日、大阪南港21:00発のさんふらわあに乗船するつもりで、
朝、10:00頃の電車で、大阪(なんば)へ向かいました。
大阪では、昔、住んでた寝屋川市に行き、中学校の同級生と喋りました。
その後、夕方からメル友さんとオフをして、ビールも飲んでたんで、
ついつい長話になってしまったんですね。
寝屋川市を出たのが、19:45ぐらい・・・神戸に行こうか、どうしようかと・・・大阪南港には、
ぎりぎり到着するかもと思い、南港へ行きましたが、
ニュートラムがフェリーターミナル駅に着いたのは、20:55。!!
走ってフェリーターミナルに行きましたが、「さんふらわあ」がゆっくりと離れていく〜〜〜〜!!
あ〜〜あ!!ってなことで、神戸まで追いかけるのもやめて、
結局、オレンジフェリー(かもめが船体に描かれてます)にしました。
この日は、平日にもかかわらず、乗客が多くて、
上等席は満席、2等指定席も満席になり、急遽2等自由席を設けてました。
ボクの方は、2等寝台をなんとか取れることが出来ました。
7時間ちょっとの船旅、まず、レストランで食事をして
その後は、最上部のラウンジで夜の瀬戸内海を見て、
客室に戻り、ゆっくり寝ました。
っと言うことで、さんふらわあじゃなくて、かもめになりました。

2001年3月18日 ゆうさん の投稿より抜粋

2001/6/15掲載

********************************************************************************


7・フェリーはやとも2                     「げんかい」
さんの投稿より

今、松山から関汽のフェリーはやとも2で帰ってきました。船齢の割には綺麗に
整備されてました。振動は非常に無い船でしたが0.5mの波にもかかわらず 若干揺れました。
ただ7時まで寝て居たいのに5時入港時鍵を、回収に来るのはやめて欲しかったです。
あと今回の船長は今まで乗った中では 接岸が一番下手でした。松山着岸時は頭から
着ける時,ブレーキの後進をかけすぎてバックしてしまい そのあと前進も強すぎて
前の岸壁のゴム(何と言うのかな?)に音を立てて接岸。 小倉では左舷を勢いよく音を立てて
あたりロープで固定し終えた後も後部がずれていてランプウェイを、開けれずロープの
長さを調整し接岸し直しました。数倍大きい阪九・名門でもこんな事はほとんど無く
(1度阪九で軽く音を立てて着岸しましたが)揺れずに着岸なのにと思いました。
この航路は知っているだけで数回岸壁に 衝突していますが何か難しい理由でも
あるのでしょうか?。 この不安を除けば快適な船旅でした。

2001年2月27日 げんかいさんの投稿より抜粋

2001/6/15掲載

********************************************************************************


8・ファンネル
                               管理人「ふねきち」

最近のフェリ−は昔に比べてかっこいい・デザインがいいとありますが 6−7年前
 瀬戸内を名門大洋Fで、大阪行きにのっていたとき真夜中デッキにでると、
すぐ横に(右舷)に関西汽船のさんふらわあが。苅田航路の大洋フェリ−時代には
大阪行きはこれしかのらなかったのにそのとき自分は、乗っていなくてその横を走っている。
複雑でしたね。そのときまじまじとたっぷり航行中の姿を暗い中みていたのですが、
ファンネルが大きい事と位置が今の船とは全然違うんですよね。さんふらわあは船体の
ほぼ真ん中にあるんですよ。今の、最新鋭のフェリ−はもうほとんど船尾という感じでしょう。
排気効率やエンジンのコンパクト化等の技術・コストなんでしょうが。今は、ファンネルの
すぐ後ろは船尾という船形がはやりですね。ただ古いとも思われるかも知れませんが、
さんふらわあの、あの船形は今でもかっこいいと思いませんか?日本の長距離フェリ−には
もうなくなった懐かしいけどいまでも良いと思いました。 今ロ−シルエットの懐かしい船形で
残っている大型フェリ−は かめりあ だけになったのかなと思います。
(元 さろま 近海郵船・東京−釧路)全長166メ−トルがやけに長く見えるのは
今の船の見過ぎで、でしょうか。特にさんふらわあ11の縦2列の船は2度と
日本船では 見られないでしょうね。

管理人 ふねきち 2001年2月27日より抜粋

2001/6/15掲載

********************************************************************************

9・オレンジフェリー                     
「ゆう」さんの投稿より

小学生の時、初めて乗船したんですが、
フェリーおおさか・フェリーえひめ・フェリーおれんじの時代でした。
フェリーおれんじの写真はのちほど・・・
船は小さいけど、客を乗せれるだけ突っ込んでたイメージがあります。
一度、台風は来てなかったんですが、時化の時があり
客室も一杯で、デッキに毛布を引いて寝たことがあったんです。
小さい船なんで、波しぶきがデッキまで上がってきて頭がべとべとになりました。
子供ずれでデッキに寝てたのが、僕ら親子やったんですが
乗務員さんが来て、「子供ずれでここでは、かわいそうですからと・・・」他の客には内緒で、
料金も取らずに、2等寝台に寝かせてもらったことがあります。
この件で、オレンジフェリーのイメージが変わったのと、
僕のお父さんも、一時、オレンジフェリーで帰省したなあ〜〜〜

2001年6月20日 ゆうさんの投稿より抜粋

2001/6/21掲載
********************************************************************************

10・三宝海運
〜4
                              「ゆう」さんの投稿より

ほわいとさんぽうは、いまでもさほど変わりありませんね。
相互乗り入れしたときに、設置した2階への入り口はなくなったようですが・・・
ミヤマンさん、はじめまして、こんばんは。!!
前方のラウンジ良かったですよね。
前方の景色を見るのは最高でしたね。
前に進んでるんだけど、デッキで見るのとは違って、
ゆっくり進んでる感覚でした。
1等ラウンジで寝たこともありますが(満席の時だけど・・・)
エスカレーターもびっくりしたけど、寿司屋さんがあったのもびっくりでしたね。
案内所で愛媛新聞を無料で、くれたのを覚えてます。
前方の景色で思い出したけど、やっては行けないことを、一度だけやったことあります。
見つかってたら、怒られてたような出来事ですけどね。
このお話、今度、載せましょうか。?
おくどうご6・8が運行したとき、フェリーゴールドとパールでは、同じ1等でも差がありましたね。
おくどうご6・8の1等は、4人部屋・6人部屋
フェリーパール・ゴールドは、2等寝台なみの8人部屋だったですからね。
案内所で、ごねてる客をよく見ましたよ。
フェリールビーの絵はがき、先月、乗船したときに売ってたんで、今度、載せますね。
イラストだけど・・・
それでは、また。・・・

2001年6月14日 ゆうさんの投稿より抜粋

2001/6/21掲載

********************************************************************************